セキュリティ

オンラインビジネスのスタートアップ企業が認識すべき重要なサイバーセキュリティのヒント

この記事はDeepLを使って自動翻訳されています。ご意見、改善点などございましたら、[email protected] までご連絡ください。

多くのビジネス・ケースにおいて、成長を妨げる最も一般的な脅威の1つは、サイバー・セキュリティの領域から生じるものです。セキュリティ侵害がもたらす金銭的なコストだけでなく、企業は問題解決のために蓄積された時間や、影響を受けた関係者との関係を修復するための時間も失うことになります。サイバーセキュリティの問題を抱えているかどうかを判断するのは、手遅れになってからでは困難です。スタートアップ企業の経営において、サイバーセキュリティ侵害のリスクを最小化するために理解できる事実があります。ここでは、ビジネスを立ち上げる際に、サイバーセキュリティに関して知っておくべきいくつかの重要な事実を紹介します。

スタート時点からセキュリティ対策の計画を立てる

多くの企業は、セキュリティよりも他の優先事項を優先して立ち上げているため、本質的なサイバーセキュリティシステムの導入を忘れがちになっています。多くの企業は、常にセキュリティよりも他の優先事項を優先して立ち上げを行っているため、本質的なサイバーセキュリティシステムの導入を忘れがちになっています。立ち上げ時にセキュリティが最も重要なステップになるとは限りませんが、予防的なシステムをより早くビジネスコードに導入することは価値があります。そうすることで、ビジネスの規模が大きくなったときに、時間とコストを大幅に削減することができます。開発者には、ソフトウェアのセキュリティを追加する作業をしてもらい、初期の立ち上げプロセスで穴を修正することで、将来のより深刻な問題を防ぐことができます。

セキュリティ文書を作成し整理する

自社のセキュリティプランを策定・管理する際には、各ステップの記録も残しておきましょう。チームで検討したプロトコルやポリシーを書面で記録します。これには、企業のオンライン・セキュリティを強化するための実施計画や調整も含まれます。制定したセキュリティ手順を文書化しておくことで、ビジネスをより迅速に拡大し、セキュリティ上の懸念にもより迅速に対応することができます。また、文書化は、プライバシーポリシーレターなどの法的なセキュリティ文書の作成にも役立ちます。

 

役割と義務を委任する

単に技術者や個人がいるだけでは、対応力のあるダイナミックなセキュリティチームにはならないかもしれません。組織内の全員が、そのレベルに関わらず、緊急時の具体的なセキュリティ・プロトコルを理解していることが重要です。さらに、チームで毎日セキュリティ会議を開き、組織内で特定の違反や潜在的なファイルの漏洩があった場合に取るべき手順の概要を説明します。チームがセキュリティ・プロトコルを理解し、それぞれの役割を理解するのが早ければ早いほど、企業はセキュリティの脅威に対してより迅速に対応することができます。

業界の規制を理解する

オンラインビジネスのセキュリティ分野では、企業経営者やセキュリティ管理者として知っておくべき枠組みや規制が存在する場合があります。HIPAA(Health Insurance Portability and Accountability Act)などの法律は、オンラインビジネスのセキュリティの特定の分野では、ビジネスオーナーやセキュリティマネージャーとして知っておくべきフレームワークや規制があるかもしれません。HIPAA(Health Insurance Portability and Accountability Act)などの法律は、Webサイトを利用する顧客や訪問者の情報やプライバシーを保護するための対策に影響を与えます。また、契約交渉の際にお客様から質問された際にも、法令の理解を活かすことができます。それでも、どのような行動をとればよいかわからない場合は、ビジネス環境における最も基本的なサイバーセキュリティの問題をカバーするための一連の基準であるCIS Critical Security Controls(CSC)を実施してください。

遅れることの無いように

早い段階でセキュリティ・コンプライアンスのためにビジネスを拡張しておかないと、将来的にそれが難しくなる可能性があります。また、顧客の増加や従業員の増加に伴い、セキュリティシステムを一から導入することは困難であり、将来の大きなプロジェクトに支障をきたす可能性があります。このような問題に対処する代わりに、初期の段階でビジネスの形成とセキュリティシステムを統合させてください。

ビジネスを成長させ、さらに発展させていくためには、セキュリティ侵害が進行に与えるリスクに注意することが重要です。セキュリティとデータ保護に関する一貫した文化を導入することで、チームはほぼ自律的にセキュリティの脅威に備え、活発な問題に対応することができます。チームと協力してビジネスのビジョンを描く際には、前述のセキュリティに関するヒントをシステムにも取り入れるようにしてください。優れたセキュリティシステムがあれば、ビジネスの成長にとって価値のあるプロジェクトや案件にリソースを集中させることができます。

 

関連する投稿

ソーシャルエンジニアリングによる著作権詐欺に新展開

Bagmeijer Sjir

ネット上での子供の安全を守るための4つのすぐに使えるヒント

Bagmeijer Sjir

従業員を狙ったフィッシング詐欺の手口の2つの例

Bagmeijer Sjir