セキュリティ

ネット上での子供の安全を守るための4つのすぐに使えるヒント

子供にインターネットを利用させることは、子供の精神的・社会的な成長にとって非常に有益です。安全で便利なソファに座ったまま、世界を探索し、頭を働かせ、コミュニケーション能力を高めることができるのです。しかし、インターネットへのアクセスには危険が伴うこともあります。

前回の記事では、お子さんのオンラインの安全性について多くのことをお伝えしました。ここでは、お子さまをオンラインで安全に保つための4つのヒントをご紹介します。

1. サイバーセキュリティについての教育
インターネットには様々な脅威が潜んでいます。何も知らない子どもは、簡単に自分のコンピュータをウイルスやマルウェアに感染させたり、オンライン詐欺の被害に遭ったり、さらにはホームネットワーク全体を危険にさらすことにもなりかねません。

インターネット上に潜む危険性やその見分け方を、わかりやすい言葉で子供たちに教えてあげてください。サイバーセキュリティについて話し合えば話し合うほど、子どもたちはその概念を理解し、オンライン攻撃の標的にならないようにすることができます。

2. 子供が教える
子どもたちのオンライン活動を常に監視することは事実上不可能です。また、新しいアプリやソーシャル・プラットフォームが次々と登場する中で、子どもがネット上で何をしているのかを把握するのは難しいでしょう。

彼らと一緒に座って、インターネットについて教えてもらうことを考えてみましょう。例えば、最近使っているソーシャルメディアのプラットフォームや、面白いコンテンツを見たかどうかなどを聞いてみましょう。そうすれば、お子さんのネット上での習慣をよりよく知ることができるだけでなく、親子間の信頼関係を深めることにもつながります。

3. デバイスのソフトウェアを常に最新の状態に保つ
インターネット上では常に新しい脅威が発生しています。そのため、子供のデバイスに搭載されているソフトウェアを最新のものにすることが重要です。

サイバー犯罪者は、ソフトウェアの抜け穴やセキュリティ上の欠陥を発見し、それを利用しようとします。企業はこのような侵害を防ぐために、アップデートの一環としてソフトウェアのパッチを頻繁にリリースしています。ソフトウェアが古いと、このような攻撃を受ける可能性があります。

4. 相手のスキルレベルを把握する
お子さまがどの程度テクノロジーに精通しているかを理解することは、お子さまをオンラインで安全に保つために必要なステップを適切に判断するために必要です。インターネットを始めたばかりのお子さんには、監視下でのセッションのみを許可するのが賢明でしょう。お子さんがネットの世界に慣れてきたら、どんどん自主性を持たせるようにしましょう。

しかし、彼らのスキルレベルにかかわらず、クレジットカード情報などの個人情報を持ち歩く自分のデバイスではなく、彼ら自身のデバイスを与えることが重要です。彼らは子供であり、自分の行動の結果を十分に理解していない可能性があることを忘れないでください。

お子さまのオンライン体験を危険から完全に守ることはできませんが、簡単に実践できるヒントに従うことで、お子さまのオンラインでの安全に対するリスクを大幅に軽減することができます。お読みいただきありがとうございました。

関連する投稿

ソーシャルエンジニアリングによる著作権詐欺に新展開

Bagmeijer Sjir